ホンネを書きなぐってます。お目汚しになる事も多々あるかとw


by jolly_co
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

女のおしゃべり

今月はオフ日となると友人とグルメランチが続いとる(汗)

体重計が怖くて乗れませんw



「ジョリーって、男に生まれてたら絶対やり手だったと思うし、思うままの人生だったんじゃない。女でいてるのが勿体ないな~」

と、のたまう。
悪かったな、アタシが女で。


「ほんとにやり手だったら、女でもやり手だったんじゃない?wまぁ、性格は少々男みたいってよく言われてきたけど・・・」


「でしょ。いっときは綺麗になったと思ったけど、あの修羅場事件で、一気にオス化した気がするわww」


や~ね~・・・

オス化だなんて。これでも定期的にセックスだってしてるんだよ。

あ、でもT字カミソリで、鼻の下の髭剃ってますが、何か?w
(しかも、マイT字カミソリでございます。)



とまぁ、いつものようにくだらない話で盛り上がり。。。

いつも、思うんだが、女友達と長時間に話をして色々しゃべってるのに、後で振り返ると、これ言っておきたかったって話題が全て違う話題へ飛躍してそのまま尻切れトンボで不完全燃焼ってのが多い。
で、また次会った時に、話題を振ったら同じように「そうそう、そういえば」と切り返えされ、違う方向に行っちゃうんだわな。
その時は、同じように「それね」って感じで、乗っかって行っちゃってるんよね~。
結局、楽しかったから、まぁいいかってなるんやけど。


こういうのって、男性には理解ができないみたいね。
このブログも、おしゃべりの延長みたいな内容やしw
一貫性ないよね~。

・・・

明日は、早朝から息子と近所のガキどもと一緒にランニングに付き合うのではよ寝よ・・・
正直、気楽にやりたいのに、他人の子も巻き込むと時間もきっちり決めて出て行かないとダメだから、義務感が出てだるいな~(>_<)
[PR]
by jolly_co | 2011-04-29 00:04 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

線引き

会えばセックスしかしない男に

「これからは、エッチ以外でも一緒に滑りに行ったり、温泉に行ったりとかして過ごしていきたいね」

と言われ、そういう時間を持とうとしてくれてるのは嬉しいなって思いつつ

1日の大半を、男とセックス以外で過ごすことを、逆に妙な緊張を感じてしまうのは何故なんだろう。

いや、セックスしかしないというと、いうのは撤回しよう。
色んな難局に励ましてくれたりとか、心配もしてくれたわね。


男に何かを求めたりとか、期待をするということを、避けてきた・・・という表現がふさわしいのかわからんけど、そうやって、ぐっとアタシの懐に入り込んでこようとする彼に、どこまで近づけていいのか、線を引こうか、迷っておる。



所詮は、お互いに帰る場所が違うもの同士の、「浮気」なんだけどね。
[PR]
by jolly_co | 2011-04-26 21:54 | Y君 | Trackback | Comments(10)

食あたりらしい

どこかへ出張中、らしき夫がいかにも具合悪そうな青い顔して帰ってきた。


「あれ、来週末まで出張じゃなかったっけ」
とアタシ。いかにも体調悪そうな様子をスルー。


「昼に食べた卵にどうやらあたったみたい・・・」


「っちゅうか、遠方なところから、よく帰ってこれたねぇ。出張先で休んでたらいいんちゃうん」


「俺が調子悪いのに、なんか棘のある言い方するなぁ」


「だって遠距離を無理して帰ってくる方が大変やんかー」


もごもご言ってたけど、トイレに何度も往復。
痔の手術後、肛門付近の括約筋も硬くなってしまったらしく、便を出す時まだ違和感があるらしい。
そんな折に、幾度の下痢w
バチとしか言いようがない。


「どこぞの女に、毒でも盛られたんじゃねーの?wアンタ、アタシ以外でも恨み買ってそうだしさ。」




調子が悪くなった途端に家に帰ってこられてもな。
シモの世話をしてくれる愛人さん、募集中。
[PR]
by jolly_co | 2011-04-23 23:27 | 家庭の中にて | Trackback | Comments(4)

乗り換え

ここんとこ、いつも見てる不倫ブログの閉鎖が続いて寂しい限りでございます。

相手が離婚したとか、自分が別居したとか色々環境の変化にともない不倫が成り立たなくなったので辞めますってはっきり理由を言って去っていく人もいれば、突然ページが無くなってるというのもあり(苦笑)
アタシはやめる時は、ちゃんと辞めますって言いますので~。




Y君が「新しい車に買い替える」と言ってたので

「ついでに、女も乗り換える?w」と聞いてみたら

「あほ。するかよ。逆にお前に飽きられて乗り換えられるかもな~。でももうちょっと俺仕様にお前をチューンナップしたいなw」

だとさ。

Y君の車、アタシと知り合った当初新車だったのよね。
あれから7年。
何度かカーセックスもしたっけ。
若干愛着すらあって、よそのシルバーのエルグラ見ただけで軽く発情してたのに。


ぼちぼち、カテに「セフレなY君」ってやめた方がいいんかなー。
[PR]
by jolly_co | 2011-04-23 00:16 | Y君 | Trackback | Comments(2)

むすこ

よそさまの小さな赤ちゃんを見てると、我が子たちの赤ちゃん時代が恋しくなってしまう。

赤ちゃんそのもののあどけない可愛さもたまらないのだが、なんといっても母乳を吸わせてる時間が何とも言えない幸福感だったな。

母乳を吸われる事で出るホルモンがある種の性的満足感も得られていて、ママ側としては自己完結しちゃってるそうな。
だから、よくパパ側が赤ちゃんにママをとられたっていう話は、ある意味間違ってはない^^;




どんどん、異質な存在へ変化していく息子たち。

特にお兄ちゃん、こないだまでお風呂一緒に入ってたのに、今じゃ脱衣所に鍵を閉めて
「脱衣所に用事はないよね?絶対入ってこんといてよ!」と締め出される始末よ。
まだ毛は生えてないと思うんだが。。。

しかし、さびしいじゃございませんか。
ま、これも成長したと喜ばんとだめなんやろな。
でも急速に変わっていく息子について行けてないアタシ。


次男はまだアタシに甘えん坊なんだが

「○○君は、なんかちょっと嫌な事あったらすぐに死にたいって言うねん。なんですぐにあんな事言うんか、全然わからんねん。俺は死ぬのが怖いっていっつも思ってるのになー。」
(そういや、君のオヤジに、ついこないだまで死んでまえと何度メール送った事か・・・苦笑)


次男は次男で、小さいながらも、生きていくこと、なんで人は死ぬのか、いっつも考えている。
アタシが子供の頃なんて、そんな重たい事あんまり考えてなかったなぁ。

当たり前な事だけど、子供って自分の体から生まれたのだけど、異質な存在なのだなと。

手に届かない存在になっていくのは、親としての努めでもあるけれど、やはり手の中に収まってた時代が非常に恋しくなっちまう。

More
[PR]
by jolly_co | 2011-04-18 00:26 | 家庭の中にて | Trackback | Comments(2)

初めてベビド

昨夜デートした。


ヤツが新潟へ夜行に乗ってそのまま出張に行くというので、それまでの時間を過ごそうという。

夜行列車って、一度は乗ってみたい。
でも近いうちに廃線になるそうな。


車じゃないからお酒も遠慮なく飲めるじゃんって喜んでたのに、飲んだらあちらが役に立たなくなるっちゅうことで、ほどほどでございました。

「ま、お前は飲みたいやろうし、飲めよ」

でも、ヤツはあんまりお酒は強くないので、呑み相手としては不足かな。

酔いも手伝ってか、店を出てから手をつないできたけど
「腕を組んでくれたほうがしっくりくる」って言われそうしてみた。
Y君に腕を組むのって初めてかもなー。
っていうか、今まで男に腕を組むってあんまりしなかったかも。


「黒いワンピースにベビド着用のこと」と指定だったので、一応着て行った。
対面式に座ったので、食事中のいたずらは皆無。
ちと期待してたんだけどw



ベビドに一番興奮していたな。

「めちゃくちゃええな。写真撮ったらアカンか?」

「だ~め。しっかり見て頭に焼き付けて♪」


んで、ずっと着用でプレイよ。
あの透け感がいいんだろうね。
胸に挟んでみたりとか、そんなこともしてきた。
セットでTバックもあったけど、持ってくるの忘れた。
でもTバックは私的によろしくない。
後ろはまぁいいとして、前のアンダーヘアと生地の面積が全くかみ合ってないので、ヘアがダダ漏れなんすが・・・って状態で^^;
イケてないよなぁ。


結構サービスしたっけ。
頭や全身洗ってあげたりしてね~。

3回目をお願いしたけど、体がもたんと断られた^^;



ただ、セックスした後って頭ん中がぼわーんとするのに、今回は芯の部分がすごく醒めてるというか。
うまく言えないんだけど、なんだろうねぇ。
それでも体は疲れてたので、帰ってからは即効寝れたけどさ。
[PR]
by jolly_co | 2011-04-16 01:04 | Y君 | Trackback | Comments(0)

背後に気をつけろ

んーーっと。
なんか普通に過ごしてますw
お騒がせいたしました。
年々、しんどいことあっても耐性ができてしまって。
昔はもっとウジウジ~とした性格だったはず。
あ、でも少々気の強さはあったのかなぁ。

で、アタシの中で更に、肝が据わったというか・・・こうやって可愛げというものをかなぐり捨てて、生きていくために図太いおばはんになっていくんやろなぁと。


例の女が
「お前の事、ここで会わなければ、絶対友達になってるタイプって」
と言ってたそうな。

「悪いけど、あんなとこで簡単に横になるような頭の悪い女はアタシは友達には選ばんし」


なんのパフォーマンスやねん。
夫のお手付きの女と、友達ごっこなんかするつもりもないし。
妻と愛人が友達ごっこしだしたら、逆に背後に気を付けろ。




夫が退院後、初めて車に乗った後、電話がかかってきて

「お前、俺が入院中、車に乗った?なんかブレーキの感触がおかしいねんけど・・・」

「乗ってないよ」

「そっか、乗ってないから錆付いたせいかな・・・?あははは・・・

交通事故をよそって殺されると思ったか。

保険金高いからね。

できれば、アタシのコダワリは、10tダンプトラックでヒカレテホシイとこだけど
[PR]
by jolly_co | 2011-04-13 20:34 | 家庭の中にて | Trackback | Comments(0)

修羅場3

一人で帰ってきた夫。


悪かった、ほんとに何も関係はないんや。そればかり。

お金の話を出すと、アタシの昔のことも持ち出して、逆に同じように請求するでと逆切れ。

その繰り返しで、疲れてきた。

とりあえず、今回の事はひたすら謝り続けた夫。

離婚したくない。その一点張り。

とりあえず、勤め先の店と源氏名は教えてくれたけど、辞めてしまえばもくあみ。

大きい子供がいるらしい。亭主はいてるかどうか知らんとか。

女から別れられても困ると言われたそうな。

そりゃそうだろう。慰謝料請求されるもんな。

あの時に、アタシが「◎×子さん?」「えーっと、正月に仲良く電話してた人?」「▽○区の人やった?」「土曜に泊めてくれる人?」とか色々言って(わざと)やったもんだから、そこに該当しなかったようで、アタシが帰った後、「他に女性がいる」ってことで喧嘩になったみたい。

関係ないんやったら、なんで、そこで痴話喧嘩になるねんって突っ込みよ。

ざまぁみろ。この男の正体だから。


それとは別に、今回の入院で血液検査で肝機能と腎機能にかかわるとこで異常に高い数値が出て検査不能となったらしい。

検査不能ってどういうことなんやろ。

コレステロールも異常に高かったらしく、薬でコントロールしていかないといけないと医者に言われたそうな。

色々肝と腎に関して、精密検査をしないといけないらしい。

まぁ、40代で絶対、何か病気になるって予測は出来てたけどね。

運動不足、暴飲暴食、寝不足で不規則な生活。

この男は、そんなに長生きできんなと思った。

大声出して、泣いてって感情吐き出して、検査でざまぁみろって思うと、カリカリしてた気持ちもすーーっと落ち着いてきた。

そして、昨日も懐かしい人から電話をもらって色々話を聞いてもらったりして、励みになった。

そうやって言葉をかけて味方になってくれる人がいるって思えると、気持ちが強くもてる。


とりあえず、この一件は許すことにした。

これで、過去の一件と今回の一件でフェアになったので、アタシへの詮索行為はしないと約束した。


うっとうしかったのよね~。
仕事の電話やメールのやりとりだけで「誰とメールしてるんや」ってセリフが。
ベッドで寝てても、何もないって言い張ったんだから、逆にアタシが男とドライブしたり酒を飲みに行ったくらい、何も言えんよな?と。
ちょっと自由になれるかしら。
[PR]
by jolly_co | 2011-04-09 21:06 | 家庭の中にて | Trackback | Comments(4)

修羅場2

ゆうべは悔しくてあんまり寝れなかった。
泣いたりしてたので、顔が腫れまくりでパーマも中途半端に伸びてぐしゃぐしゃでさ。
鏡見たら、かまやつひろしみたいやったwww
びっくりした。

右脇下に痒みのあるぶつぶつが急に出来て、周辺の筋肉が痛みも伴うから、帯状疱疹になったみたい。
抵抗力が一気にダウンだ。



昨日の続き。

病室を出てかから、ちょうどY君からメールがきて・・・。

「離婚することにしたよ」って返したら、速効で電話してきた。

「お前、大丈夫か?」って言われた途端、ダムが決壊したみたいに感情がわーっとなって涙があふれてきた。

仕事片付けた後に彼も都合つけてくれたようで会うことになった。

「旦那はアホや。お前がかわいそうや。」とぎゅーっと抱きしめてくれた。



「でもな、俺らもこうやって内緒にしてることあるって事を片隅に置いとかなアカンで・・・」

「そやけど。今回は許せんわ。顔に泥塗るようなマネされたしな」

「でも冷静になれよ。感情的に走って今離婚したらお前が損するだけや。子供まだ小さいやん」

同じことを母にも言われた。



こんな一日だったので全く、セックスするつもりなんて無かったけど、しばらく抱きしめてくれてたらアタシの手が勝手に股間に行ってて、結局そういう流れになってしまった(汗
でも、いつものような快楽をむさぼるような激しいものじゃなく・・・
ハグの延長のような・・・。

「俺が力になれることってあんまりないかもしれんけど、何かあったら電話もメールも24時間OKやからしてや。」

ありがとう。
頼りにするつもりなんて一切ないけど、そういう言葉だけでも、気持ちが強くもてる。


ずっと、携帯に夫からの着信があった。
19回目の着信で応答した。


「悪かったから。本当は離婚なんてしたくない。あの人とは何も関係ないから。お前も以前浮気した時、俺は許したやろ。」

一緒に寄り添って寝ておいて、何が関係ないんやろ。
昔の浮気を許したから、今回は許せ?
アタシが出かけると言えば、また浮気しに行くんかと、ねちねちと言い続け、アタシの親や親戚に酔った席とはいえ過去を暴露して晒しもんにして、綺麗に許した行動と言えるんか。


だからアタシも制裁は加えてやる。

「悪かったの一言で、わかりましたと許せるか。あの女をアタシの前で殴ってくれたらアンタの気持ち受け止めるけど。かばい続けたくらいだからできねぇわな。」

「・・・・・だから、悪かったって。」

「この気持ちでアンタとこのまま結婚生活なんて無理なんよ」

「・・・あのさ。話ちょっと変えるけど、血液検査で肝臓の機能で数値に異常が出てな」

「ふぅん。今までのバチが当たったんじゃないの?」



いっそ、がんにでもなりゃぁいいのに。

ローンのガン保険が使えるじゃん。



ごねてごねて、金を引っ張り出してやる。
[PR]
by jolly_co | 2011-04-09 00:43 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

修羅場1

なんとなくざわざわした予感はあったのだ。

個室の病室の扉をそっと開けた。

ベッドで二人で横たわる二人。

女は慌てて、ベッドから降りて「すみません、すみません」ばかり。


「あんた誰?一体何してんのよ。」


夫は「違う」の一点張り。


「じゃぁ、一体、何がすみませんで、何が違うっていうの!ちゃんと説明してよ!」


「頼むから、大きい声出さんといてくれ。病院やぞ。」


「アタシには関係ないわ!てめぇが撒いた種やろが。恥さらしのまま入院せぇや!」


そして周りからも苦情があったようで看護師から3度も注意を受けるほどだった。

そして、ひっぱたこうとして掴み合いになった。

最後、コップの水を女の顔にかけようとしたけど、やめた。

夫は、ひたすら女をかばう。

「何もないなら名前くらい言いなさい」と聞くと「○○です」とうなだれる。

「下の名前は?住所と電話番号は?」と聞くと、夫が制止する。

「違うんやって、何も関係ない。そんなん聞かんでええやろ。寝てただけやから」

「はぁぁぁ?あほちゃう?ばかにするんもいい加減にしいよ、この事実を認めなさい。認めろ!」

「い、いや、俺が一方的に好きやって・・・手伝ってくれて疲れたからって寝かしてあげてただけで・・・」

「ほほー。こいつが好きって言ったな。認めたな。離婚に応じてや。」

「離婚に応じるから。とりあえず、また退院してから話しよう・・・」


女がぼそりと、「奥さん、お願いですから離婚なんてバカなことしないで下さい」と。


「お前、あほか。病室といえど公衆に近いとこで既婚の男のベッドで無神経なことやっといて、なにをねむたい事言うてるんや。被害者面して言うなって。外へ出てちょっと二人で話しようや。」

と連れだそうとすると、夫は女をかばい続ける。「関係ないって!!!」


情けない。


次の仕事に時間が押してたので出なくちゃいけなかった。


「この男、のし付けてあげるわ。お好きにどうぞ。」



アタシは、妻のプライドをズタズタにされた。

女とアタシの前で、女のことを好きと言い、離婚にも応じると言った夫に、耳くそ程の情がぷっつり糸が切れたような気持ちと、すっきりしたような気持ちが交錯した。
[PR]
by jolly_co | 2011-04-08 00:29 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)