ホンネを書きなぐってます。お目汚しになる事も多々あるかとw


by jolly_co
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

亡くなってから

実は母が入院中に亡くなりました。

病院に対して、母と確執のあった弟にたいして、とても言いたい事があるけれど、書いてもきりがないし、どっちにしても帰ってこない。

まさか、退院するまでに亡くなるなんて思ってもみなかったので、もうただただ無念です。
なんで?って気持ちがまだまだあって、いっそ入院なんかさせなせればもっと延命できたのにとも・・

母が退院するまで実家は快適に暮らせるよう、不用品は処分し、色々模様替えもし壁紙も変えたり、別れた父にすら頭を下げて動いてもらって手伝ってもらってたんだが、これを見ることもなく無駄になってしまい、なんとも言えん気持ちです。

ただ、感傷的になる暇もなく、後の事務処理、遺産の手続きもあり、病院とももめたりと、この1ヵ月で自分の寿命すら縮めたような気分です。

こうやって入院中から亡くなってからも何度も実家に足を運んで、感じたのは母は地域で愛されてたんだなと実感し、とりあえず、一人で暮らしていても、寂しい思いはしてなかったのかなと思えた事。
色んな人が弔問に訪れてくれて、色んなエピソードを聞かせてもらえたり、案外知らない事実を知らされたりね。
自分が死んだら、ここまで悲しんでくれる友人っているんだろうか?とか思ったりもしたけど
やっぱり、わが子にはちゃんと自分が死んだら困らない程度くらいはお金は残しておいてあげないといけないなって思う。

無職で借金のあった弟には、逆に母が死んでから現物で金になりそうなものがないか物色するため実家通う頻度が多いので、ほんとけっ飛ばしたくなるわ。
せめて遺言書くらい書いてくれてたらよかったのにって思ったりね。
こういう時に、人間の底ってものを見てしまうな。
[PR]
by jolly_co | 2016-12-22 19:07 | ひとりごと | Trackback | Comments(8)